FC2ブログ

いつのまにか世田谷の花屋24年

母の日だ。・・・終わった

私に母の日はない。・・母でないからだ・・なんちって

なので、嫌いだ・・・て言うのは去年まで。

今年の私は それなりに母の感謝の念が強くなったので 心をこめた

以前はカーネーションを見ると げんなりしたり 商売をしているはずなのに

花の気持ちはどうなのよ! 作る人の思いと 送る人 送られる人を深く考え

何も思わず 売れれば良いと さかんに売ることがつらき思え

 売らなきゃ商売じゃないだろうがと仕事をしながら疑問を感じてた。

花屋として 商売をしていない自分がいるのにず~っと感じてたので

母の日は苦手だった。それが儲けのない理由だったかもしれない

日本の花だけじゃなく コロンビアや中国 韓国 アフリカ インド

ほか多くの国から花を輸入している現実にも 疑問を感じていた。

国産だけでなんとかできないだろうか・・・と食べ物も含め感じていたのは

間違いではないと このごろの世間の見方をみると よけい強く思う

バンバン買って バンバン使って バンバン捨てるの生活から 立ち直るのは

さて、いつの日か  

私は日本酒を好んで飲むのには 理由がある。当然好きなのはあたり前だが

日本の中の米で作っているからだ、そうでもない米もあるとは思うが

安心する酒を飲む。  が、海外でコシヒカリやあきたこまちやらが

作られているのは いかがなものか。  それで酒をつくるなど 言語道断

初対面の酒を見ると 疑ってしまうかもしれない。 

焼酎も 以前から穀物の焼酎は好むが 割って飲む(アルコールだけの)のは 体に悪いので

20年ほど前から飲んでない。  もっぱら 芋ですね。

それも やはり出所がはっきりしている酒だ。 

合成酒などは 論外である。ビールなどは 第3とか第4ビールと言われている飲料水も

論外。  のん兵衛は こだわるのである。

話がそれた。

母の日の花だ、このところ消費者も考えている。

振り回されないような気持ちが大切だと言うことを

花を身近にすることと 楽しみを知らないで情報に躍らされ 花を買う

きっかけには良いことだが ラッピングのままで飾られている花を見かけては

泣きそうになる。 きっかけを提供する花屋でいいなぁとこのごろ思うのだが

儲けのない商売は無理なのか

考えの甘さに泣きたい母の日である。

DSCF1403.jpg 

DSCF1406.jpg 

にほんブログ村 花ブログへ  (花屋園芸店)お願い致します 
                       励みになります・  
              
クリック クリック   いつものこちらも・
                                                             よろしく お願い致します
 ね



スポンサーサイト





  1. 2011/05/08(日) 18:41:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<店前で交通事故だ | ホーム | うまれました・・私じゃなくて 孫>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://floristhanako.blog99.fc2.com/tb.php/1086-acbf2c7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)