FC2ブログ

いつのまにか世田谷の花屋24年

本が好きである。

しかし、乱読派なので何回も繰り返したり 途中下車したり

新しい別の本を見たり、何冊も買ってはみるものの

山になっている本も数有り、今は寝る前にふとんの中で 睡眠薬のごとく

本を読むのが当たり前になっている。

昔 日本にきている外国人が電車の中で皆雑誌に見入る日本人を見て

日本人の本好きを感心している内容のことが書いている雑誌を見たが

確かに私はそれを引きずっている。

雑誌を片手に電車に乗ることは 当たり前である。

なので、電車にのらないと 本のたぐいは 寝る前の睡眠薬でしかない

今はインデアンの話・・家では「歎異抄」などの五木本である

五木寛之の本に出会ったのは 昔・・「青春の門」である

サンマの元奥さんである 大竹しのぶが デビューした映画

その頃私は彼女も 彼(五木寛之)も好きではなかったように思う

なんだか そう思っていたので 彼の本は読む気にはなれず今まできた

自分の未熟さと視野の狭さ、世間知らずとで 判断ができない時期かな

しかし、思うところ有り 親鸞をかいつまみ立ち読みすると

これは読む本だ!とばかり読み始めた。

坂の上の雲は4巻途中で 長々の戦争の場面にちょっと辛く

インデアンの本と 今は 親鸞系の本ばかり

気になる本と出会うのが 楽しみである。

 



にほんブログ村 花ブログへ  (花屋園芸店)お願い致します 
      励みになります・ とても嬉しい クリック! 
    クリック クリック   いつものこちらも・
                                              
よろしく お願い致します




スポンサーサイト





  1. 2010/01/28(木) 17:23:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アレンジ | ホーム | スイトピー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://floristhanako.blog99.fc2.com/tb.php/820-f8776dba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)