FC2ブログ

いつのまにか世田谷の花屋24年

日本の一番長い夏

改めて一人になって見た 気になるそんな番組でした。

ご近所に住んでいらっしゃる作家の半藤さんは 

いつも 下駄を鳴らして歩いている様子と変わりない。

その会談形式の中での内容

正しいことを言う人は少数派。どの時代も・

今も違った方向にドンドン進めていくのは誰かと言うと

メディアと大衆です。

どの時代も政治が追従していく。

冷静に言った人は、世論に押しつぶされていってしまう。

という内容の会話。 (一部分ですが)

戦争の悲惨さやきっかけや 時代の理不尽さが語られている中

まったくこの時代と同じことが繰り返されているんだと 思った。


このところ、お盆準備もない東京ですが、調子が悪い

父が酒を飲もうと誘っているんじゃないかと 思う。


にほんブログ村 花ブログへ  (花屋園芸店)お願い致します 
      励みになります・ とても嬉しい クリック! 
    クリック クリック   いつものこちらも・
                                              
よろしく お願い致します




スポンサーサイト





  1. 2010/08/12(木) 14:57:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<山の神様 | ホーム | 生かして頂いてありがとう>>

コメント

No title

あくまで、この記事を読んでの感想ですが。。。
直接は存じ上げないんやけど(モチロン!!!^^)
戦後に「ヤミ物資」を食べないで餓死をした方がいたなと。。。
検事さんかなんかの公務員さんであったかなと。。。

今はまたある意味おそろしい時代。。。

戦後のあの頃も大変やったかと思うけど、
全体に今より、「人が優しい」くないかなと。。。

経験してないし、物が無いんやから そうじゃなかったかもしれんけど。。。
  1. 2010/08/15(日) 22:29:22 |
  2. URL |
  3. ゆうこ #4.seVSCQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://floristhanako.blog99.fc2.com/tb.php/918-ec0e05ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)